確認する手段

小児科

食生活の変化

近年、食生活が肉中心の食事になりやすくなり脂質異常症は増えているといえます。 脂質異常症は血液の中の脂質が増えすぎてしまう病です。血液の成分まで確認することはほぼないので気づきにくいものです。 肉を食べることが当たり前になったため、脂質を摂取する機会が増えています。健康診断などで悪玉コレステロールや中性脂肪が高い人ほど脂質異常症になりやすいといえます。 脂質異常症になったとしても、自覚症状はほぼなく血液の中の脂質が増えるので動脈硬化などになりやすくなります。 食生活を改善する必要があり、食事内容を野菜中心にするだけでも脂質異常症になる可能性を低くすることができます。 食生活の変化によってなってしまうものなので、脂質の摂取を減らすことで中性脂肪や悪玉コレステロールが増えることを抑えることができます。

脂質が少ない食事になる

現在は、健康志向が強いので脂質を抑える食生活に変わりつつあるといえます。脂質異常症だけではなく偏った食事は体に良くないものです。 脂質が多くなる原因としては、肉類はもちろんのことアルコールの過剰摂取などがあります。少し気をつければ誰でも抑えることができるので、脂質が多い食事は減っていくものです。 脂質を抑える飲み物など、様々な商品の中に摂取を妨げるものが増えているので時間はかかりますが、脂質異常症は減少するはずです。 現在でも脂質が多い食事が簡単に手に入りますが、肥満などを避けるために摂取しないようにする人が増える傾向にあります。 必然的に、脂質が少ない食事が増えますし不健康な生活習慣を見直す人が増えています。